〒366-0019  埼玉県深谷市新戒635                                                                       
TEL:048(587)2002    FAX:048(587)2276    eメール:toyosato-e@fukaya-toyosato-e.ed.jp          

                                                               
 

産業祭ー自慢のねぎ販売&鼓笛隊


 本校は「いじめ」「暴力」を絶対に許しません!
 

サイト内検索

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

お願い

本校のホームページに掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
 

お知らせ

 

カウンタ

COUNTER70403

校長室の「先生あのね」

校長室日誌
12345
2017/12/13new

ピアニカ練習に

| by:校長
思い浮かべながら・・・
 
 朝自習の時間に、1年生の教室から、ピアニカで喜びの歌の曲が聞こえてきました。
卒業式の入場曲です。
6年生のお姉さん・お兄さんが1年生に付き丁寧に教えていました。
なんと微笑ましい姿でしょう。恩送りでしょう。
1年生は、まだ十分にふけないながらも、一生懸命に曲を覚えたり指使いを覚えたりしていました。
6年生のお姉さん・お兄さんは直接一人一人に付いて面倒を見ていました。先輩として・・・1年生に優しく、一音一音確認しながら教えています。
教え学び合う美しい姿
本校は、通学班を始め、縦割り活動等も実施しているため、その優しい行動はは慣れたようにスムーズなです。
言葉かけも優しいです。友達思いの関係はきっと大きくなって温かな気持ちとして残っていくでしょう。
卒業式の曲を先輩がこのように教える姿は、豊里ならではのことだと思っています。
その6年生も1年生の時は先輩に同じように面倒を見てもらったことでしょう。
鼓笛隊のように学び合いの連続が実施されている豊里小の美しい姿だと思っています。
6年生の卒業式にこの曲を演奏する1年生は6年生に教えてもらった事を「ありがとう」思い浮かべながら演奏するでしょう。6年生のお姉さん・お兄さんは私たちが教えたピアニカの曲だと感じながら、小学校生活最後の卒業式に参加することでしょう。
今から思うだけで、いい卒業式にしたいと思っています。

11:38 | 投票する | 投票数(4)
2017/12/12new

サケの卵

| by:校長
いのちを育てる
  
  今年も学校にサケの卵がやってきました。
これは豊里公民館主催のサケの卵を育てて利根川に放流しよう事業のお裾分けです。
子どもたちと命を大きく育てながら、私たちも学んでいこうと思います。
また、2年生は国語でサケについての学習をします。少しでも興味を持って授業にのぞんでもらおうと考え、いただきました。
卵には黒目がありました、もう命の息づかいが感じられます。
今年は、昨年度より大きく元気に育てたいと思っています。
赤ちゃんになるのが楽しみです。1年生がめざとくもう命と触れ合っていました。

11:01 | 投票する | 投票数(1)
2017/12/12new

実りの秋でした

| by:校長
 実った読書木と推薦図書紹介
 
  本を読むのが低下しているこの頃、図書の充実と共に学校でも様々な取り組みをして
子どもたちの読書離れから本の世界は楽しいへの変容に努めています。
柿やドングリの木に皆の書いてくれた本の名前・感想がいっぱいに広がっています。
こんなにいっぱいの図書が読まれていることが目でも分かります。
感想にも、「おもしろい」「たのしい」の言葉だけでなく「こんな場面に引かれた」と短くも気持ちが鮮明に分かるものが多くありました。

10:27 | 投票する | 投票数(2)
2017/12/12new

嬉しい姿

| by:校長
これこそ まごころ

 まごころ訪問のために、市から配布されたビオラの花をポットに移植し育てています。
このお花は4年生のみんなが、一人暮らしのお年寄りの方に民生委員さんを通じて、お手紙を添えて贈るものです。
 先日土曜日、晴れているためビオラの土が乾き水が必要でした。しかし、がんばルームに来た4年生が、これに気づいて水をあげていました。おじいちゃんおばあちゃんに手渡すまでは枯らしてはいけないものです。当番でなく、気づいて自ら水をやっているとのことでした。まごころを込めて育てる気持ちがうれしいです。
 ちょっとの事でも、見えないところでのまごころが、暖かです。

10:00 | 投票する | 投票数(4)
2017/12/08new

絵手紙

| by:校長
 世界で一つの作品
 
クラブの時間に地域の先生の指導のもと絵手紙を描きました。
秋の柿の色が鮮やかに、そしてしなやかなたっつでとても上手くかけています。
子どもたちのたれもが、自分の線で、自分の色で、失敗なしの絵手紙心
みんなの作品をまとめて掲示してみると、さらに美しい。
地域の先生ありがとうございます。豊里は地域一体

10:29 | 投票する | 投票数(6)
2017/12/07

あいさつ運動

| by:校長

やっぱり 元気なあいさつは 
                    きもちいい


  12月に入って寒い中ですが元気なあいさつ自分からの
あいさつ運動が子どもたち児童会で展開されています。
元気には、自分の満足感・充実感があります。
朝会って、今日は体調大丈夫かな、いやなことはないかな、明るく元気に過ごせるかな
と一人一人に目を配っているととても嬉しい返事です。
今日の元気なあいさつは、3年生の3人が礼儀正しく元気でとてもいいあいさつをしてくれました。

08:37 | 投票する | 投票数(1)
2017/12/06

表彰朝会

| by:校長
 努力の成果
  
 
  表彰朝会を行いました。
親善運動会、理科展、発明創意工夫、ポスター、音楽会など沢山の子どもたちが、努力した成果を表彰しました。おめでとうござす。今回賞に入らなかった子も、一緒におめでとうの拍手がありました。拍手しているみんなの気持ちは、良かった人を認める優しさと同時に、次の自分の頑張りの意識が込められているとも思いました。
 そのた、地域の方々からも全校に応援の気持ちが届いていますので紹介しました。(縄跳び補助板、感謝の会のお礼の手紙)。私たちは自分のためにする努力だけではなく、人のためにも努力することも大事です。期待に応える努力も必要なことだと思います。地域の方々の激励・支援・協力を頂いていることは有り難いことと、励みとして、日々良い学校にしようという気持ちを忘れずに頑張りたいです。


12:34 | 投票する | 投票数(7)
2017/12/05

後始末

| by:校長
これも掃除の秘訣 
 
12月の生活目標は学校をきれいにしようです。
以前にもお知らせしましたが、無言清掃に真剣に取り組む子どもたちは素晴らしいです。
今日は、清掃の特にすごいやり方、秘訣を話しました。
①汚れているところをきれいにします。
②整理整頓します。
③後始末をします。
後始末も清掃の秘訣です。 使ったの次のスタート準備をすることは、ものを手入れをして大切に使う心、感謝の気持ちを持つことはその使い方で生き方にも繋がってくることです。
次の人のために使いやすくする、スリッパを揃えることと同じです。
 汚れているところをきれいにし、乱れているものバラバラなものを整理整頓し、後始末をしっかりすることは、気持ちがいいことです、しっかり磨くしっかり整頓する、しっかり片付けるは苦労ですが、心も磨いていると思います。これを実感として抱かせることも教育指導です。写真のように清掃道具のほこりが絡んで取れなくなっているものを丁寧にブラシで取り除く後始末、掃除機のフィルターやローリングブラシの後始末と同じように、子どもたちがしっかり実践して清掃の大事さを少しずつ理解してもらいたいです。

12:20 | 投票する | 投票数(7)
2017/12/04

埼玉縄跳び

| by:校長
3位入賞 辛さ乗り越えて



 12月3日上尾運動公園武道館、6年生の友達が集まり、埼玉県縄跳び大会に豊里小学校チームとして出場しました。
この6年生は、深谷市の親善運動会長縄跳大会で1位を取った子どもたちの中での希望者です。任意の参加チームとして頑張ってきました。
メンバーの出入りがあり、なかなかな決まらず、出場も危ぶまれていたようです。
それでも、担当、子ども、保護者の互いの理解・協力と強い希望で決まったようです。
夢や希望に向けた志し、努力する姿勢が参加の切符となました。
学校行事ではなく、全員参加でないため練習は、休み時間と放課後でした。それでも、1位の目標を立て、一生懸命に頑張っていました。
このような協力と頑張りが蓄積され、強い精神力、仲間作りが作られたと思います。担任がチームをまとめてよく健闘しました。結果は一分間跳びで3位というみごとな成績でした。
試合ではハプニングがあり、涙を流したり、悔しかったりしました。スポーツ少年団に入っていない子どもたちにとっても、なかなか味わえないチームとしての経験もしました。
保護者の方には、いつもご理解ご協力をいただき感謝しています。
本当におめでとうございます。

12:42 | 投票する | 投票数(9)
2017/12/01

落とし物

| by:校長
泣いていますよ

 最近の落とし物で、落とし主に返せない名前のないものが昇降口並んでいます。
うっかり落とす、置き忘れるもの、気にしていないなど
いつもうっかりやさんや、なくなれば買えばいいでは、生活する上で困ります。
無くさないための意識と努力(点検・チェック、名前を書くなど、)、大切に使う気持ちを考えていきましょう。
 もし、お金を落としてしまったら名前がないので、これこそもどってこないし、名前がないと証明できない。ものを大切にする。大切に扱う気持ちは当たり前ですが、忘れられているこの時代です。
学校では、本人に返す目的だけでなく、ものの大切な扱いの気持ちを育てる意味も込めて期間限定で紹介します。
 しっかりとした生活態度、生活の躾として・・・、普段から意識しましょう。これからでも遅くはありませんよろしくお願いします。

10:00 | 投票する | 投票数(5)
2017/11/30

交流学習会

| by:校長
八基小学校との交流会
 
 特別支援学級の交流学習会にて
 礼儀正しくはっきりと自己紹介は、私たちだれもが必要な力です。自分の言葉で大きな声で自分を表現できました。さらに、ポップコーン作り、ボーリング大会、積み木大会などのげー自らの楽しむ目的を持ち、自分も友達も楽しく仲良く笑顔でできました。時折聞こえる歓声歓喜、まさにゲームの接戦や勝利の叫びに子どもらしさが溢れています。ゲームの中から友達とのやりとり、集中、計算、ルールなど様々な勉強が含まれています。素直ないい子達のまなびが繰り広げられました。
先生の指導はどんな子達もつきもので、叱られることもありますが、存在感は外しません。しっかり確実に元気に認め合い生活している様子は、微笑ましいです。
先生方の様々な配慮ありがとうございます。

07:02 | 投票する | 投票数(7)
2017/11/29

親善バスケット大会

| by:校長
立派だったよ
    
 親善運動会バスケットボール大会が、明戸小学校で開催されました。
明戸小学校の5年生は身長の大きい子が多く驚きました。
試合結果は全敗でした。確かに技は数段上手です。動きもいいです。ミニバスケットボールに入っている子の動きが目立ちました。
負けに対する子どもたちのショックは隠しきれません。中にはこんな試合しても意味ないと激怒する子もいました。
しかし、相手が強いのは分かっていても、最後までボールを追い、本気で戦う気持ちとその姿勢に私は感激しました。
本気で闘い抜いてこそ、スポーツ精神で在り、それが日々の自分の力となったり、欠点の克服に繋がると思うからです。負けの方が精神力が育つと思います。
 あきらめず全力の姿の豊里小は感激です。
正直にいって5年生レベルのボール操作の技能は十分に身に付いていません。2ヶ月間の指導・練習をしてきましたが課題がかなりありました。それでも、子どもたちなりの著しい進歩がありました。
対等な試合ができるまでになったのです。繋がる連係プレイのパスとシュートの場面もありました。チームを支え合う、作戦と協力や仲間作りは、素晴らしいと強く感じました。
  帰りの会で子どもたちに自信をもって、これからも学習・運動にあきらめずに取り組むこと、この体験を生かすよう心込めて伝えました。子どもたちの感想を読ませてもらうと、それに応える気持ちが書かれています。いい子達だなぁと、嬉しい気持ちになりました。
 最後にスポーツは応援と一体、保護者・子供同士・先生の応援で、さらにやる気がでで、盛り上がる試合ができたことに感謝し締めくくりました。
負けたけれど、本当にみんなが努力して伸びた豊里小の5年生は立派でした。

18:11 | 投票する | 投票数(7)
2017/11/28

無言清掃見直そう

| by:校長
当たり前のことの徹底
  

      
 後期清掃交替式、縦割り無言清掃の徹底を再度見直しました。
清掃は,私たちの生活にとって無くてはならないもの、大人は分かっていても
子どもたちは、なかなか自分達のために大事という意識は弱いものです。
勉強は確かに直ぐ自分の成績に直結するのですが・・・。
学校での清掃は大人の仕事という感覚では無く、奉仕的な側面で指導しています。
しかし、家とはちょっと違い、子どもたちが健康安全で衛生的に生活をするために、集団生活ルールとしても清掃指導があります。
人として大事なしごとです。
 清掃指導では、清掃の仕方、場所、道具の使い方を学びきれいにします。班長はさらに班員の役割を分担する、汚れているところ指導するなど、発達段階に応じた力を発揮します。チームで協力し合います。
 同時に生活を清潔・健康で、落ち着いた場所として整えることや、綺麗にすること、整理整頓するよさも体感していきます。
清掃一つで、勉強の姿勢が変わるかもしれません、生き方が変わると思っています。
その中に本気で取り組む美しい姿として取れた写真を昇降口に一部紹介しました。
 無言で力が入ります、きっと黙々とする中に、何か感じている学びがあります。美しく仕事がはかどります。上手な子がたくさんいました。

07:05 | 投票する | 投票数(7)
2017/11/27

まごころ訪問の準備

| by:校長
 お元気にの気持ちを込めて

 
 地域の一人暮らしのご老人の家にお贈りするお花(ビオラ)を移植しました。
わず10分ですが、長生き、子どもたちのまごころをお花とお手紙に綴って届けます。
これから水をやり、沢山のお花にしてかわいらしく綺麗に咲かせます。
地域の子どもたちが、ご老人の皆さんと繋がっている思いを育てお渡ししたいと思います。

10:21 | 投票する | 投票数(5)
2017/11/24

人権の花

| by:校長
触れ合いの中で育つ
   
 1年生と特別支援学級児童が人権擁護委員会から頂いたチューリップの球根を植えました。
天候もよく、花壇と自分のプランターに「友達を思う球根」と唱えながら植えていました。
春に、チューリップの花が風に揺られながら咲く風景を思い浮かべると楽しみな気分になります。人を思う気持ち、触れ合うように寄り添い咲く姿は人権の花と感じました。

15:04 | 投票する | 投票数(5)
2017/11/22

感謝の会

| by:校長
心からのありがとう響く
 
 
「ありがとうございます。」この言葉の響きよいものです。
温かさ、やさしさ、思いやり、うれしさ、楽しく、つい笑顔がこぼれます。
 1年間本校がお世話になっている方や代表の方々への感謝です。
感謝を深める時間です。
お花をプレゼントすれば感謝したではなく、その中にある感謝の心です。
みんなが感じている感謝を心と形、「作文」で表します。届けます。
 それは、入場したときから始まっていました。「拍手一つ」、「挨拶一つ」で感謝しているかわかりました。
みんなそれがよくできていました。よい感謝の会となりました。
だから、ありがとうが心が体育館中に響きました。
心をこめた言葉であったかになりました。
 

12:57 | 投票する | 投票数(4)
2017/11/21

持久走大会

| by:校長
本気  伸びるは自分
  
 
赤城おろしの寒風吹きさらす中、持久走大会が行われました。
 自分の今の精一杯の力で本気で走る、そして、自分を一歩高める持久走大会です。
 本気だから、きっと喜ぶあなたがいると思います。本気だから悔しいあなたもいるかもしれません。本気だからです。
 この気持ちの高まりが、体力の高まりと共に人間にとって生きる上で大事だと思います。
 さあ、伸びるのはあなた自身で、それは人には変えられない伸びです。自分自身への挑戦です。
 辛く大変かもしれませんが、応援が意気を上げてくれます。頑張らせてくれます。怪我のないように、気合いを入れていきましょう。
ガンバレー!
講評
 この風の冷たさ、寒さが皆の価値を高めました。入賞記録を出した人はもちろんですが、最後まで走り抜いたみんなはさらに伸びました。伸びたのは自分自身ですね。
そして、保護者の方の応援が手助けをしてくれました。最後の最後の児童まで声を張り上げて応援してくださった保護者を見て、寒さを忘れるほどの温かさを感じました。豊里の保護者の方々の豊かさ温かさです。交番や交通ボランティアの方の積極的な警備もありがたかったです。
無事に終わったことをも含めてお礼申し上げます。

15:52 | 投票する | 投票数(8)
2017/11/21

バスケット大会に向けて

| by:校長
一歩一歩
   
 ボールの操作もままならない、シュートも入らなかったみんなが
今、力をつけています。すごい進歩です。
 豊里5年チームは一丸となり、明戸小と戦います。試合するからには、以前もいったように勝つことが第一目標です。
技とチームプレイを知識と体で覚えます。ボールを最後まで追う、あきらめないで取る根性を育てます。リーダーを核とした作戦会議でチームワークを高めます。
練習はわずかな時間しかありませんが、それでも少しの時間で子どもたちは一生懸命に頑張っています。積みかさねた一歩一歩・・・・。
安全と健康・怪我の注意を第一に指導しています。
ご理解と応援をよろしくお願いします。

 

10:24 | 投票する | 投票数(7)
2017/11/20

今月の暗唱は

| by:校長
いいぞ 突っ走れ暗唱

 「女医一号未来を開いた荻野銀子」彩の国郷土かるたの一部
など10選を暗記します。
リズムよく教室にて暗記し、校長室でも元気よくいえる子がほとんどです。
郷土かるた・・・群馬県にもあるそうですが、地域の特色を言葉と絵で覚えます。
大人になっても忘れないでしょう。また、地域の有名な文化、伝統、偉人と、
知っておくと良いものがたくさんあります。また、本校は、今年深谷市彩の国郷土かるた大会の幹事校として頑張っています。休み時間でも盛んに行われ、その時は学校中がかるたの声で染まるようです。
いつも言うように、みんなの声を聞くといやでも覚えてしまいます。
声に出すことは 健康にも良いです。
子どもたちの明るく元気な声に、今月も励まされ、エネルギーを頂いています。有り難いです。
「勾玉は過去と未来の首飾り」・・・。

12:39 | 投票する | 投票数(8)
2017/11/19

青淵祭に参加

| by:校長
青空に響く記憶にる演奏
             
 深谷市北部の活性化と渋沢栄一の偉業を広めるために、渋沢栄一記念会館前で開催されました。
昨日の強風から、赤城山が冬の青空に映える晴れのよい天候に恵まれました。
本校自慢の鼓笛隊は、6年生が最後のパレードとして出場しました。冬晴れの空気の澄んだ空へ、ドラムマーチ、豊里小校歌、鉄腕アトム、RPGの音楽が広がっていきました。
 地域の活性化の目的の中に、たくさんの方々に今は少なくなっている鼓笛演奏を聴いていただき、豊里小の元気な子どもたちが、一生懸命に学んでいる姿を披露しました。この音を聴くと元気が出ます。チームのまとまりを感じます。
たくさんの方々がイベントに参加し聴いてくださいました。子どもたちは、その拍手や励まし応援に応え、一生懸命演奏しました。照れくさそうな遠慮をこめつつも、誇らしげな顔は子どもたちは自信になっていると思います。
今回のこのパレードで今年度の鼓笛隊の行事は終わります。後は、来年度にしっかり引き継ぐこです。
6年生の皆さんご苦労様でした。もうこの仲間でのパレードはなく解散となります。一抹の寂しさはあるものの、全員でやり遂げた隊として、しっかりと思い出として残ることでしょう。また、伝統を引き継いだ責任感もあり、ややホッとしていることもあります。本当にありがとうございました。
 いつも送迎に協力していただいた保護者の皆様にも感謝いたします。豊里小の地域一体の学校としての協力はここにも表れています。

17:20 | 投票する | 投票数(8)
12345

日誌

今日の給食・栄養について
12345
2017/12/13new

12月13日の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by:栄養

12月13日の給食 

 

黒パン、牛乳、スパゲッティナポリタン、

焼きウインナー、チーズサラダ

 

好きな子が多いナポリタンの献立でした!

隠し味にカレー粉が入っているんですよ☆

給食の後は口のまわりにケチャップのひげをつけて

笑顔で「おいしかったよ!」と話してくれた子がいました(^^)

 

どのクラスもたくさん食べていました


14:21 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345

お知らせ

★運用テストのお願い★
 12月の運用テストが始まります。
期間は
12月11日(月)~19日(火)
までとなっています。
  緊急時の連絡手段として、
「連絡メール」に加え、
ホームページに「緊急連絡ページ」
設置しました。
 大地震、台風、降雪等による
災害の発生に備え、
いざという時の双方向による
連絡手段とします。
その有効活用のため、
毎月11日をアクセス日とし、
操作に慣れていただきたいと
考えております。
バナーをクリックして
アクセスして下さい。
その際、ログインIDとパスワードが
必要になりますので、
学校からの通知プリントで
ご確認ください。
宜しくお願いいたします。
 

カウンタ

COUNTER772178

オンライン状況

オンラインユーザー12人
ログインユーザー0人
登録ユーザー17人

道徳コーナー



 

体力向上

いろいろな運動や遊び
スポーツ・運動の「ヒント」
 

お知らせ

今の豊里小付近の天気