〒366-0019  埼玉県深谷市新戒635                                                                       
TEL:048(587)2002    FAX:048(587)2276    eメール:toyosato-e@fukaya-toyosato-e.ed.jp          

                                                               
 

6年生「ありがとう」のお礼を込めて(6年生を送る会)


 本校は「いじめ」「暴力」を絶対に許しません!
 

サイト内検索

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

新着情報

 

パブリックスペース

プールの水が危ない日誌校長06/30 13:02
縦割り業間遊び日誌校長06/28 10:48
体育補助員日誌校長06/27 15:37
8020日誌校長06/24 11:20
6月23日の給食日誌栄養06/23 13:40

各学年のページ

歯科指導日誌情報主任06/17 17:54
林間学校日誌教頭05/26 20:50
調理実習をしました!日誌6年担任06/04 17:43
体育授業日誌6年担任04/17 17:10
長縄跳びの練習日誌6年担任04/14 19:59

保健室からのお知らせ

1学期、大変お世話になりました。日誌養護07/22 15:23
まだまだ健康診断、続きます。日誌養護05/07 10:34

日誌

学校行事
12345
2016/06/11

教育講演会講師 決定

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
平成28年度 「教育講演会」の講師決まりましたのでお知らせします。


10:46
2016/05/31

花はなプラン

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭
5月31日(火)午後、花はなプランに取り組みました。保護者と職員、そして児童も加わり、校門近くの花壇を整備しました。美しい花により校門周りがとても華やかになりました。ご協力ありがとうございました。
 
 
16:34
2016/02/22

学力向上旬間Ⅷ

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務
B問題をやってみましょう

 今日は、B問題「基礎的・基本的な知識・技能を
活用することができるかどうかをみる問題」を
出題してみます。チャレンジしてみてください。

  児童会活動で、ペットボトルのキャップを集めています。
 4月から7月までの間に集める目標は、10000個でした。
 7月までの4か月間に集めた個数は、下の表のとおりです。

 7月までの4か月間に集めた個数                                             
 月  4月 5月 6月 7月 
 個数(個) 1891 1982 2903 2473
 次の会話を読んで、あとの問いに答えましょう。

 まなぶ 「集めた個数の合計は、目標に達しているかな。」

 はるか 「目標に達しているかどうかなら、およその数にして計算すれば
       わかります。およその数にする方法は、次の3通りがあります。」
      ・四捨五入する   ・切り捨てる   ・切り上げる

 ゆうと 「切り捨てて千の位までのおよその数にして計算すると
      次のようになります。」
      実際の数・・・・・・・・・1891  1982 2903  2473 
                     ↓     ↓    ↓     ↓
      およその数の計算・・1000+1000+2000+2000=6000
      実際の数より小さい数にして和が6000だから、
      集めた個数の合計が6000個以上であることはわかります。

    (1)四捨五入して計算します。次の①の式に入る数と、②に
      入る数を書きましょう。
 四捨五入して、千の位までのおよその数にして計算すると 、次のようになります。
 実際の数・・・・・・・・・・・1891 1982 2903 2473
                 ↓    ↓    ↓    ↓
 およその数の計算・・・  ①+ ①+  ①+  ①  =②

 実際の数に近い数にして和が②だから、集めた個数の
合計が約 ② 個であることはわかります。
 
    どうですか。設問までが長い文章ですね。要は、四捨五入ができるか
どうかですが、たぶん、算数がきらいな子どもは、途中まで読んで、
もういやになってしまったことでしょう。

正解は、①左から2000200030002000で、②は9000
ですね。
これは、4年生の学習内容です。
「〇の位までのがい数にしましょう」が身に付いていないと
解けない問題です。本校の正答率は38.2%でした。
全国より、13.8%低かった問題です。

たぶん、大人でも長い問題文にうんざりした方もいるでしょう。
このように、算数でも長文の読解が求められているのです。
国語の文章の読みも大事ですし、解くための手順も必要です。
日常の勉強のすべてが力となります。
14:00
2016/02/17

学力向上旬間Ⅶ

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務
問題を解いてみませんか

今日は、子どもが取り組んでいるA問題を紹介します。
A問題は「基礎的・基本的なな知識・技能が身に付いているかどうかをみる問題」です。
児童の平均正答率が低かった問題です。

   としやさんは、家から学校の前を通って図書館へ行きます。
  家から学校までは5分、学校から図書館までは20分かかります。
  午後3時10分までに図書館に着くためには、おそくとも、
  午後何時何分までに家を出ればよいですか。
  その時刻を書きましょう。


さあ、どうですか。答えはわかりましたか。
正解は、「午後2時45分」ですね。
家から学校までの5分と学校から図書館までの20分を足した時間を、
3時10分からさかのぼってひいていけば求められます。
しかし、本校の児童の正答率は52.9%でした。
「日常生活の中で必要となる時刻を求めることができる」が
課題なのです。

この問題は、
3年生の量と測定、
 (3) 時間について理解できるようにする。
  イ 日常生活の中で必要となる時刻や時間を求めること。
と、指導要領の中で位置づけられています。
3年生の内容が身に付いていないと、答えられないのです。
また、日常生活の中で、「あと、何分。」「何分前から〇〇する。」
と、時間を意識させて生活をしていくといいでしょう。
時刻・時間の学習をするときには、デジタル時計ではなく、
数字と針がある、アナログの時計を使用してください。
07:54
2016/02/16

平成27年度2月16日 音楽集会

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務
平成27年度2月16日 音楽集会
 今朝は音楽集会がありました。卒業式で歌う「さようなら」「仰げば尊し」「深谷市歌」の練習を行いました。
 子どもたちの中にも卒業ムードが高まり、自然と気持ちのこもった歌声が体育館に響きわたりました。
 
 
08:56
2016/02/16

福祉の心

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務
 養護盲老人ホームひとみ園へ、使用済みの切手や書き間違いの官製はがきなどの寄付を行いました。
 皆様のご協力でこんなにも多くの寄付物品が集まりました。ありがとうございました。今後もこうした取り組みを通し、子どもたちの福祉の心を育んで行けたらと思います。
 
08:39
2016/02/15

学力向上旬間Ⅵ

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務
積み重ねと 見届け

下の写真は、学力向上旬間に行っている、
3年生のプリントファイルの様子です。

すくすくタイムで取り組んでいる、B問題活用ワークシートや
基礎問題のプリントの取り組みの様子が一目でわかるように
なっています。2回できるように、日付欄は2つあります。
全問正解できるよう、また、どこまで進んでいるかがわかるように
工夫しました。
これなら、本人も、担任も、進行具合や達成度がすぐにわかります。
確かな学力を身に付けるには、積み重ねと、見届けが大切です。

家庭でも、「宿題やった?」「うん。」
のあとに、「じゃあ、見せてね。」の一言で、取り組みが変わると
思います。
「ていねいに書けたね。」
「ここ、答えが違っているよ。」
「この字は、書き直そうね。」
「がんばったね、すぐにかばんにしまって。」
などのやりとりが、行われることを期待しております。
09:43
2016/02/15

2月緊急連絡ページ運用テスト結果

Tweet ThisSend to Facebook | by:情報主任
2月緊急連絡ページ運用テスト結果
 日頃より緊急連絡ページ運用テストにご協力ありがとうございます。2月のアクセス数についてご報告いたします。
 緊急時への備えとしてアクセス率100%を目指しております。今後もご協力をお願いいたします。
合計1年2年3年4年5年6年合計
アクセス
  件数
12111418212399
アクセス   
   率
63%79%58%60%66%68%65%
家庭数191424303234153

08:21
2016/02/09

学力向上旬間Ⅴ

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務

『朗読は 家庭学習の根本』
ある本を読んでいたら、
『わが子を勉強好きにする秘訣』 家庭学習は まず朗読からスタート
という言葉があり、「え、何々?」と思わず読み進めてしまいました。
寺田清一さんの『森 信三先生 家庭教育二十一ヵ条』という本です。

一部紹介します。

   家庭学習の、いちばんの土台は、小学の一年と二年では、
 国語の本を毎日必ず朗々と声を出して読むということです。
 そして堂々と自信をもって読めるようにすることです。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 これは、農業でいったら「土」を肥やすのに当たります。また
 コンクリート建築でしたら、地下工事に当たるもので、もっとも
 大切な土台づくりです。

毎日の音読の宿題は、聞いていただく方も大変だと思います。
しかし、その積み重ねが子どもの学力の基礎になると思って
いただいて、今後もご協力をお願いいたします。
以前、担任した児童の保護者から、こんなことを言われた
ことがあります。

「先生、毎日子どもと音読を一緒にやっています。自分も
習ったことがあるお話があって、とても懐かしかったです。
子どもが何回も読んでくれるので、覚えてしまいました。
音読っていいですね。」

いつもこんな気持ちで、聞くことはできないかもしれませんが、
少し心に余裕があるときには、一緒に声を出して読んでみたら
いかかでしょうか。子どもが自分から進んで宿題をやってくれるかも
しれませんよ。

 
 
 

下は、2年生の音読カードです。たくさん読めている子がいて感心です。
ぜひ、続けてがんばりましょう!

19:37
2016/02/08

学力向上旬間Ⅳ

Tweet ThisSend to Facebook | by:教務
自主学習に取り組んでみましょう!

毎日、担任の先生や教科の担当の先生から宿題が出ていますね。
音読、計算ドリル、漢字ドリル、プリント類でしょうか。
どのくらいの時間がかかっていますか。
30分くらいで終わってしまう子、1時間以上かかってしまう子・・・
これは個人差がありますね。
ていねいにじっくりと考えて取り組む子がいたり、
「わかってる、わかってる」というふうに、
さっさと片づけてしまう子がいたりするからです。
または、テレビを見ながら、おやつを食べながら・・・
なんてこともあるかもしれません。

さて、早く宿題が片づいたら、ぜひ、3年生以上は
取り組んでもらいたいことがあります。
それが「自主学習」です。
学校によっては、宿題の一部になっていることもあります。
内容は、授業の予習・復習です。
本校は、4月の全国学力・学習状況調査で、
家庭での学習時間が少なかった結果が出ています。
ぜひ、この機会に取り組んでほしいです。
6年生のある子のノートを載せましたので、参考にしてください。



まず初めは、自分の苦手なところを復習しているノートです。
自主学習というと、自分の好きな勉強だけをやる子もいます。
それでは、得意なものと、苦手なものの差が広がるばかりです。


次は、漢字練習の取り組みです。
同じ漢字を続けて書くだけでなく、このように筆順、まちがえやすいところなどを
自分でわかるようにしていくのもよい勉強です。

がんばった自主学習ノートを担任の先生に提出してみましょう。
大きな花丸絵文字:良くできました OKをつけてくれるはずですよ。
14:27
12345

お知らせ


★運用テストのお願い★
 緊急時の連絡手段として、「連絡メール」に加え、ホームページに「緊急連絡ページ」を設置しました。
 大地震、台風、降雪等による災害の発生に備え、いざという時の双方向による連絡手段とします。その有効活用のため、毎月11日をアクセス日とし、操作に慣れていただきたいと考えております。バナーをクリックしてアクセスして下さい。
 その際、ログインIDとパスワードが必要になりますので、学校からの通知プリントでご確認ください。宜しくお願いいたします。
※スマホ、携帯電話からもアクセスできます。


 

カウンタ

COUNTER432387

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人
登録ユーザー16人

道徳コーナー



 

体力向上

いろいろな運動や遊び
スポーツ・運動の「ヒント」

新体力テストで測ってみよう